メッセージ

名作と呼ばれる書物は山のようにあります。言い回しは違えど、似たような話を何人もの著者がそれぞれの書物として出版しています。読者は新刊の洪水に追い付くことをめんどくさがり、無料のまとめサイトを読んでショートカットできれば、お金を出して本を手元に置いておこうなどと思う隙間もないでしょう。

では一体どのような書物をこれから世に出せば良いのか、非力ながらも創造的かつ実験的に考え始めました・・・